ペルー、スペイン語、そして私…
ペルー人女性と国際結婚した☆イーグル☆が、女房の故郷・ペルー、母国語でもあるスペイン語、そして中南米についての話題をお伝えするブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人選手の活躍が目立つ北京オリンピックですが、ペルー代表選手の成績が入ってきましたので、今日はそのお話しを。

開会式では旗手、そしてレスリング男子グレコローマン74キロ級に出場したSixto Barreraさんですが、結果は11位となりました。


Sixto Barrera



Sixtoさんは試合後、「北京オリンピックに参加でき、貴重な体験ができました。少なくとも、あと2回はオリンピックに、ペルー代表として参加したいです。」と話しています。

そして、セーリング女子レーザー・ラジアル級に出場しているPaloma Schmidtさんは、1回戦は9位、2回戦は19位、3回戦は26位と順位を落としています。

なお、9回戦は明日土曜日、10回戦は日曜日と続きます。10回戦までの成績上位10艇が最終レースに出場できますが、どこまで順位を上げることができるでしょうか。


FC2ブログランキング

スポンサーサイト

明日8日(金)から北京オリンピックが開幕しますが、ペルーの代表選手11人は、すでに北京入りしています。


オリンピック代表



ペルー代表団のオリンピック村への入村式では、ペルー国歌が演奏され、ペルー国旗とオリンピックの旗が掲揚されました。

「私たちは、国の代表としてオリンピックに参加しています。選手一人一人は、ハード・トレーニングをし、ペルー国民に喜びをもたらせればと思っています。」と、ペルー代表団の旗手・Sixto Barreraさんは語っています。

ペルー代表選手(11人)の参加する種目は、次の通りです。


テコンドー: Peter Lopez

バドミントン: Claudia Rivero

射撃: Marco Matellini

重量挙げ: Cristina Cornejo

水泳: Valeria Silva, Emmanuel Crescimbeni

陸上: Maria Portilla, Louis Tristan, Constantino Leon

柔道: Carlos Zegarra

フェンシング: Maria Luisa Doig


ペルー・オリンピック委員会の会長・Carlos Paz Soldan氏は、「もし、ペルーがメダルを獲得したら、それは奇跡だ!一番メダルの可能性が高いのは、柔道とテコンドーだろう」、とコメントしています。

オリンピック中継を見ている時、もしペルーの選手を見かけたら、ちょっとでもいいから、応援してあげてください!


FC2ブログランキング


先ほど、ペルーのニュースを見ていたら、北京オリンピック・ペルー代表団が何と13人に増えていました(笑)


ペルー選手団



一つ前の日記に書いたものは、ペルーの新聞がニュースソースだったのですが、新聞社が選手を2人ほど省略していたようです。

ですから、もう一度、選手を紹介したいと思います。


テコンドー: Peter Lopez

バドミントン: Claudia Rivero

射撃: Marco Matellini

重量挙げ: Cristina Cornejo

水泳: Valeria Silva, Emmanuel Crescimbeni

陸上:  Louis Tristan

柔道: Carlos Zegarra

フェンシング: Maria Luisa Doig

マラソン:  Maria Portilla, Constantino Leon


そして、新たに2人を紹介したいと思います。


ヨット: Paloma Schmidt

レスリング: Sixto Barrera


FC2ブログランキング


北京オリンピックに出場する、ペルー代表選手は12人であるということは、先日のブログでお伝えしましたが、ペルーでも諸外国と同じように、メダリストに報奨金が与えられることが分かりました。


北京オリンピック・ペルー代表

北京オリンピックに出場するペルー代表選手


メダルを獲得した選手には報奨金のほか、学生には2年間の奨学金、社会人にはトレーニングを続けるためのお金が2年間与えられます。


・金メダリスト→5万米ドル(約530万円)+2万米ドル(約212万円)

・銀メダリスト→2万5千米ドル(約265万円)+1万米ドル(約106万円)

・銅メダリスト→1万2千500米ドル(約132万5千円)+5千米ドル(約53万円)


また、メダリストのコーチにもメダルの色により、1万2千米ドル(約120万7千200円)、6千米ドル(約63万6千円)、3千米ドル(約31万8千円)が、与えられるそうです。

ところで、日本人メダリストの報奨金って、どうなっているんでしょう。日本陸連を例に挙げると、金メダルが1000万円、銀メダルが600万円、銅メダルが200万円とのこと。そして、4位から8位の入賞者が、100万円となっています。

メダリストのコーチには、それぞれ300万円、200万円、150万円が与えられます。4位から8位の入賞者のコーチにも、80万円が…。

日本とペルーの物価を考慮したら、ペルーのメダリストの報奨金は、破格の金額であることが分かります。


FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。