ペルー、スペイン語、そして私…
ペルー人女性と国際結婚した☆イーグル☆が、女房の故郷・ペルー、母国語でもあるスペイン語、そして中南米についての話題をお伝えするブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーでは先週、Telefonica(テレフォニカ)社とClaro(クラロ)社が、ついにIPhoneの発売を始めました。


Telefonica

Telefonica社の広告



午前9時過ぎ、Henry Huanquiさんが、ペルーで公式的にiPhoneを買った第1号となったのです。Henryさんは、サンイシドロにあるClaroの店舗で、2時間ほど列に並び、手にしました。


Claro

Claro社の広告



ところで、この2社は、iPhoneを買いたい人の取り合いを、数ヶ月間もするという意気込みで頑張っていました。

2社とも、顧客に案内状を送り、iPhoneを買いたい人のリストを作っていたのです。

そして、特定の店舗にお客さんが集中して混雑をしないよう、購入者にはiPhoneを受け取る店舗を指定する旨の電子メールを、送っていました。

さて、この2社ですが、ペルーの他に、アルゼンチン、チリ、コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、パラグアイでも、iPhoneを販売しています。

Telefonica社の発表によると、チリでは、2時間で約500台が売れたそうです。

次回のブログでは、iPhoneを使うのに、どのくらいの費用が毎月かかるのか、お伝えする予定です。


FC2ブログランキング

スポンサーサイト

ペルー政府が、毎年8月の第4金曜日を、「コーヒーの日」に制定する、ということをペルーのIsmael Benavides農業大臣が発表しました。


ペルー・コーヒー



Benavides大臣の話しによると、ペルーでは、コーヒー産業に従事している人は200万人を越えているとのこと。また、生産されたコーヒーの95%は輸出用で、残りの5%が国内向けだそうです。

ペルー・コーヒーは、40ヶ国に輸出されていて、主な輸出先としては、ドイツ(33%)、アメリカ(23%)、オランダ(8%)、ベルギー(5%)となっています。

しかし、最近、著しく伸びている輸出相手として、中国があげられます。

「中国は、我々がコーヒーを輸出する国として、考えていませんでした。だから、ペルー・コーヒーを紹介するのに絶好の機会でもあります。中国では、コーヒーを飲む習慣が全国的にはまだないので、いいチャンスでもあるし…」、とMercedes Araoz貿易観光大臣が語っています。

日本で簡単に見つけることのできる、ラテンアメリカのコーヒーと言えば、ブラジル、コロンビア、グアテマラあたりでしょうか。

ペルーの貿易観光省は、中国だけではなく、日本向けのコーヒー輸出のプロモーションを強調して、日本人にもっとペルー・コーヒーを飲んでもらえるよう、努力してもらいたいものです。


楽天市場で、ペルー・コーヒーを探してみる


FC2ブログランキング


マドンナの"Sticky & Sweet Tour"が、ヨーロッパで始まりましたが、ツアーの最後には、南米諸国でも公演されます。

このコンサートを見るために、ラテンアメリカ諸国では、チリ人が一番高い入場料を払うことになりそうです。

公演は、12月10日にサンチィアゴの国立競技場でありますが、チケットは44米ドル(約4800円)~398米ドル(43400円)とのこと。なお、コンサートの主催者は、チケットの転売を防ぐため、一人当たり6枚までの購入制限をするそうです。

チケットの販売ですが、マドンナの公式ファンクラブのホームページに、今年の初めに登録をした人は8月27日から、そして一般販売は9月10日からとなっています。

マドンナは、12人のミュージシャンと16人のダンサーを連れて、2時間のコンサートをやる予定です。

チリの地元紙は、チリのパフォーマンスでは総額400万米ドル(約4億3600万円)の収入があるが、その半分はマドンナ側に渡される、と報じています。

マドンナは、チリでの公演後、ブラジルのリオデジャネイロで12月14日、サンパウロで12月18日にコンサートをやります。

なお、ペルーでもコンサートをやるか検討されました。しかし、国立競技場のような大きな場所でコンサートをやっても、主催者が莫大なギャラをマドンナ側に支払うことができないと判断したため、今回はペルーでの公演は見送られました。

マドンナは日本でもコンサートツアーをしたことがありますが、日本のチケット代金より南米のほうが高いとは…。もし、☆イーグル☆が南米に住んでいたら、398米ドルなんて、とても払うことができません。まぁ、日本にいても払えませんが…(笑)


FC2ブログランキング


北京オリンピックに出場しているテコンドーのペルー代表・Peter Lopez(26歳)さん。男子68キロ級に出場しましたが、結果は4位となりました。


Peter Lopez



Peterさんは、初戦にオーストラリアのBurak Hasan 選手に、準々決勝でナイジェリアのIsah Adam Mohammad 選手に勝ちました。

しかし、準決勝で、アメリカのMark Lopez 選手に負けてしまいました。

そして、3位決定戦に出ましたが、トルコのServet Tazegul 選手に、0-1のスコアで惜しくも負けてしまいました。


Peter Lopez 2



メダルが期待された柔道とテコンドーでしたが、ペルーにとって、久しぶりのメダルには届くことができませんでした。

ペルーはかつて、オリンピックで4個のメダルを得ています。射撃で、3個の金メダル、そして、1988年ソウルオリンピックで、女子バレーボールが銀メダルを獲得しています。


FC2ブログランキング


ペルーの携帯電話会社Movistar社、Claro社、Nextel社は、今年の6月までに、合計約396万台の携帯電話を輸入しました。


Claro

新聞にあったClaro社の広告



各ブランドのシェアがどうなっているかと言えば…


第1位  Nokia 30%

第2位  Motorola 18%

第3位  Sony Ericsson とSamsung 12%

第5位  ZTE 10%

第6位  LG 9%


このランキングを見ると、日本では人気のない、または発売されていないブランドばかり。外国では強い、ノキアやモトローラが、ペルーでも人気があるようです。

3社合わせて6月末現在、1690万人の顧客がいますが、年末までには新規顧客240万人増やして、1800万人の大台に乗せたいと考えています。そうなれば、携帯電話の普及率が、63%までに達することができるそうです。

携帯電話の輸入台数は年末までに、500万台に届くと思われますが、特にクリスマス商戦は新規顧客が期待できるので、各社は年末に備えて準備をしている段階でもあります。

なお、携帯電話を利用している人の三分の一は、毎年機種変更をしたいと思っているとのこと。この辺は、日本人と変わらないようです。


FC2ブログランキング


イングランドのプレミアリーグ「チェルシー」に所属しているペルー代表FWクラウディオ・ピサロ(29歳)が、1年の期限付きでドイツのブンデスリーガ「ヴェルダー・ブレーメン」に移籍することが決まりました。


Claudio Pizarro



ピサロは、プレミアリーグの新入り「ハルシティ」かブンデスリーガの「ブレーメン」、どちらかのクラブでプレーをするのか考えたが、最終的には古巣の「ブレーメン」を選びました。

「私は、チェルシーでのすばらしい2年間を、過ごすことができました。そして、サッカーをする上で、以前ヨーロッパへのドアを開けてくれた「ブレーメン」でプレーします。これまでの国際経験で、「ブレーメン」を助けたいです。「ブレーメン」が、チャンピオンズ・リーグに出場するというのも、私に強い影響を与えました。年俸のことは、小さい問題です。」、と話しています。

ピサロは、ペルーリーグ「アリアンサ・リマ」を離れた後、1999年から2001年に「ブレーメン」でプレーをし、56試合で29ゴールをあげています。

その後、2007年6月まで「バイエルン・ミュンヘン」に移籍、そして「チェルシー」に移りました。「チェルシー」では、31試合に出場し2ゴールと、あまり活躍できませんでした。


Claudio Pizarro



ところで、このピサロですが、ペルーでは有名は話しを一つ。彼は、慈善活動に熱心な選手でもあります。

毎年12月にはペルーに帰国し、児童養護施設を訪問しています。そして、子供達にクリスマス・プレゼントを贈っているのです。

あと、ペルーのクリスマスには欠かせない、パネトン(菓子パンのようなもの)やココアなども、プレゼントしているとのことです。

日本のJリーグの選手がヨーロッパでプレーしても、なかなか活躍できないという難しさの中、10年近くもヨーロッパでプレーをしているピサロ。

心の優しいピサロには、まだまだヨーロッパで頑張ってもらいたいです。


FC2ブログランキング


中国人選手の活躍が目立つ北京オリンピックですが、ペルー代表選手の成績が入ってきましたので、今日はそのお話しを。

開会式では旗手、そしてレスリング男子グレコローマン74キロ級に出場したSixto Barreraさんですが、結果は11位となりました。


Sixto Barrera



Sixtoさんは試合後、「北京オリンピックに参加でき、貴重な体験ができました。少なくとも、あと2回はオリンピックに、ペルー代表として参加したいです。」と話しています。

そして、セーリング女子レーザー・ラジアル級に出場しているPaloma Schmidtさんは、1回戦は9位、2回戦は19位、3回戦は26位と順位を落としています。

なお、9回戦は明日土曜日、10回戦は日曜日と続きます。10回戦までの成績上位10艇が最終レースに出場できますが、どこまで順位を上げることができるでしょうか。


FC2ブログランキング


ペルーの貿易観光省は今年に入って、未成年が遊ぶスロットマシン781台を押収したことを、発表しました。


スロットマシーン



同省のレポートによると、ペルーでは2006年7月~2007年6月に2433台、2007年7月~2008年6月に1665台の子供用スロットマシンが押収されたとのこと。

同省・カジノ部門の責任者Manuel San Roman氏は、「子供に悪影響を与えるスロットマシンの数は、確実に減ってきています。もし、未成年を対象としたスロットマシンを見つけたら、電話513-6100(内線9000)、もしくはcasino@mincetur.gob.peまで連絡してください。」と語っています。

☆イーグル☆が結婚式のため、ペルーに行った時、リマにあるゲーセンで遊んだことがあります。しかし、スロットマシンの存在には気が付きませんでした。って言うか、目に入らなかったのかも…。

余談ですが、そのゲーセンには、何と日本のゲーム機器も置いてありました。しかも、その画面は日本語のままだし…。お金を入れる所だけが、ペルーの通貨が使えるよう改造されていたようです。

日本のゲーセンでは数え切れないくらいあるスロットマシン、そして、日本では未成年でも問題なく遊べるスロットマシン。このニュースを見ると、どうやらペルーでは、未成年がやってはいけないゲームみたいですね。


FC2ブログランキング


ペルーでは、海外での需要が増えてきたため、昨年はカカオ豆を栽培するエリアが、20%も広がりました。


カカオ

San Martinにあるカカオ畑


ペルーにある農産物の卸売業者"Romero Trading"によると、オーガニック・カカオ豆の需要が高く、販売価格も高めに設定されているとのこと。

同社の関係者は、「オーガニック・カカオ豆を1キロ当たり7.2ソル(約260円)、従来のカカオ豆を6.2ソル(約223円)で買っています。カカオ豆の栽培は増えてきていますが、ペルーのジャングル地域での栽培を、もっと勧めていくことが大切です。」と語っています。

カカオ豆の生産は、アフリカと中南米が有名ですが、中南米での生産量を国別にランク付けしてみると……


1位 ブラジル
2位 エクアドル
3位 コロンビア
4位 メキシコ
5位 ペルー


となっています。

そして、1人当たりのチョコレート年間消費量(2004年)も、ついでに紹介しておきます。


1位 ドイツ(11.1キロ)
2位 スイス(10.8キロ)
3位 オーストリア(10.1キロ)
4位 ベルギー(9.5キロ)
5位 イギリス(9.4キロ)



・  日本(2.2キロ)


肝心の日本ですが、わずか2.2キロだそうです。☆イーグル☆はチョコレートが大好きで、よく食べていますが、それでも2.2キロもお腹の中に入っているのかは疑問です。


FC2ブログランキング


今日は、久しぶりに、ペルー料理を紹介したいと思います。しかも、ペルーでは、とてもポピュラーなジャガイモ料理です。




PAPA A LA HUANCAINA



パパ・ア・ラ・ワンカイーナ

PAPA A LA HUANCAINA




=材料=


ジャガイモ、スライスチーズ、クラッカー、玉ねぎ、オリーブ、ニンニク、ゆで卵、牛乳、アヒ・アマリーリョ(ペルーの唐辛子)、パリーリョ(ペルーのスパイス)、レモン汁 サラダ油、塩、こしょう






AJI AMALILLO

ペルーの唐辛子「アヒ・アマリーリョ」





=作り方=


1. ジャガイモと卵を茹でる。そして、それぞれを輪切りにする。


2. 玉ねぎをみじん切りにする。そして、ニンニクをローストする。


3. フライパンにサラダ油を入れて、玉ねぎとニンニクをやわらかくなるまで炒める。その後、塩コショウ、パリーリョ、細かく切ったアヒ・アマリーリョを入れて、さらによく炒める


4. ミキサーの中に、クラッカー、スライスチーズ、レモン汁、牛乳、少量のサラダ油と塩、そして、3で炒めておいたものを入れて、よく混ぜる。出来上がったソースが固めだったら、牛乳を足して、再びよく混ぜる。


5. お皿に、ジャガイモをのせて、4のソースをかける。最後に、ゆで卵とオリーブをのせて出来上がり。



PAPA A LA HUANCAINA 2




このソース、ジャガイモとの相性が抜群です!唐辛子が入っていますが、辛いものが苦手な☆イーグル☆でも、汗をかかずに、食べることができました。牛乳とチーズが入っているので、まろやかになっているからでしょうか…。


ペルーの唐辛子、「パリーリョとアヒ・アマリーリョ」は、手に入りにくいと思います。え~っと、ですから、これらの唐辛子を、入れなくても大丈夫でしょう。


FC2ブログランキング


明日8日(金)から北京オリンピックが開幕しますが、ペルーの代表選手11人は、すでに北京入りしています。


オリンピック代表



ペルー代表団のオリンピック村への入村式では、ペルー国歌が演奏され、ペルー国旗とオリンピックの旗が掲揚されました。

「私たちは、国の代表としてオリンピックに参加しています。選手一人一人は、ハード・トレーニングをし、ペルー国民に喜びをもたらせればと思っています。」と、ペルー代表団の旗手・Sixto Barreraさんは語っています。

ペルー代表選手(11人)の参加する種目は、次の通りです。


テコンドー: Peter Lopez

バドミントン: Claudia Rivero

射撃: Marco Matellini

重量挙げ: Cristina Cornejo

水泳: Valeria Silva, Emmanuel Crescimbeni

陸上: Maria Portilla, Louis Tristan, Constantino Leon

柔道: Carlos Zegarra

フェンシング: Maria Luisa Doig


ペルー・オリンピック委員会の会長・Carlos Paz Soldan氏は、「もし、ペルーがメダルを獲得したら、それは奇跡だ!一番メダルの可能性が高いのは、柔道とテコンドーだろう」、とコメントしています。

オリンピック中継を見ている時、もしペルーの選手を見かけたら、ちょっとでもいいから、応援してあげてください!


FC2ブログランキング


先ほど、ペルーのニュースを見ていたら、北京オリンピック・ペルー代表団が何と13人に増えていました(笑)


ペルー選手団



一つ前の日記に書いたものは、ペルーの新聞がニュースソースだったのですが、新聞社が選手を2人ほど省略していたようです。

ですから、もう一度、選手を紹介したいと思います。


テコンドー: Peter Lopez

バドミントン: Claudia Rivero

射撃: Marco Matellini

重量挙げ: Cristina Cornejo

水泳: Valeria Silva, Emmanuel Crescimbeni

陸上:  Louis Tristan

柔道: Carlos Zegarra

フェンシング: Maria Luisa Doig

マラソン:  Maria Portilla, Constantino Leon


そして、新たに2人を紹介したいと思います。


ヨット: Paloma Schmidt

レスリング: Sixto Barrera


FC2ブログランキング


先月、リマ市内を走る2階建て観光バスについて、少しばかり紹介しましたが、詳しい情報を手に入れたので、今日はそのお話しを…。

どの国に行っても、日本語ガイド付きの市内観光ツアーで、料金が高いんですよね~。☆イーグル☆が独身の頃、一人旅ばかりしていたのですが、いつもその街にある地元の観光バスに乗って、ツアーに参加していました。

☆イーグル☆は、節約をしたいという旅行者の一人なので、なるべくリーゾナブルに旅をしたかったからです。日本語ガイド付きだと、現地の言葉によるガイド付きツアーの2倍の料金はするし…。

ということで、先日紹介したバスの詳細をどうぞ。


Mirabus



この市内観光バスは、かなりリーゾナブルな料金で、リマ市内の名所を訪れることができるのです。
このバスの名前は、"Mirabus(ミラバス)"というのですが、サイトを見つけたので、簡単に紹介します。


~半日市内観光ツアー~ 

 45ソル(約1620円) 3時間

~市内観光ナイトツアー~

 50ソル(約1800円) 3時間半

~ミラ・フローレス ツアー(リマ市内で最もお洒落な繁華街)~

 10ソル(約360円) 1時間

~リマ コロニアル ツアー~

 8ソル(約288円) 50分

~一日市内観光(昼食及び、英語ガイド付き)~

 75ソル(約2700円) 6時間 

~カジャオ港ツアー(リマ市近郊)(英語ガイド付き)~

 10ソル(約360円)

~パチャカマック神殿ツアー(リマ市から南に30kmの海岸近くにある神殿)~
                
 50ソル(約1800円)(ホテル・ボリバールでのコーヒー付き)


チケットは、ミラ・フローレスにあるケネディ公園内の旅行インフォメーション・ブースで購入可能。ツアーによっては、アルマス広場で販売しています。なお、一部を除き、スペイン語だけのガイドとなっています。

さて、このツアーがどのくらいリーゾナブルなのか、某旅行会社の英語や日本語ガイドツアーと比べてみましょう。

半日市内観光ですが、英語だと2700円、日本語だと12700円となっています。一日市内観光だと、英語で7560円となっているようです。日本語だと、もっともっと高くなることでしょう。

おそらく、まだ日本では紹介されたことのないこの"Mirabus"、スペイン語を少しでも話せる方だったら、利用してみるのも一つの手だと思います。

詳しくは、Mirabusのホームページでご確認ください!フラッシュによるキレイな写真も見れますよ!

http://www.mirabusperu.com/index.html


FC2ブログランキング


日本人がペルー旅行をする場合、訪れる街はほぼ決まっています。マチュピチュへの玄関口でもあるクスコ、地上絵を見ることができるナスカ、そして、国際空港のあるリマだと思います。

ところで、ペルーの人たちが国内旅行をする場合、人気のある街はどこでしょう?

ペルー貿易観光省によると、一番人気のある街は、やはり都会である首都のリマです。


リマ市内観光バス

リマ市内を走る2階建て観光バス


続いて、人気順に三つに分けてみましょう。

La Libertad , Ica, Arequipa, Junin, Ancash

Lambayeque, Piura

Cajamarca, Cusco

逆に、リマに住んでいる人たちは、上記にあげた街へ旅行をすることを好んでいるようです。

これらの地名ですが、日本人には馴染みのない街ばかりが揃っているのでは…。辛うじて、クスコが入っていますが、ペルーの人たちにとっては、人気が上位ではありません。


FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。