ペルー、スペイン語、そして私… 天然ガスのタクシー
ペルー人女性と国際結婚した☆イーグル☆が、女房の故郷・ペルー、母国語でもあるスペイン語、そして中南米についての話題をお伝えするブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマには、約25万人のタクシー運転手がいますが、そのうち80%の人が、タクシー会社や友人などから車を借りて走らせています。

そして、そのレンタル料として、一日に40~50ソル(約1440~1800円)を支払っているとのこと。そのため、彼らの収入が思うように伸びていない、という事実があります。

そこで、ペルーには"Mi Taxi(私のタクシー)"プログラムと称して、タクシー運転手を助けるシステムがあります。

2990米ドル(約31万7千円)の頭金で、タクシー運転手は天然ガスで走るシボレー・コルサの新車を手に入れることができるのです。


天然ガスのタクシー

天然ガスで走るタクシー



そして、天然ガスを使うことにより、燃料代を節約でき、月々のローンを支払うことができるようになるようです。

このプログラムの関係者は、「このシステムで、一日に140ソル(約5千円)を稼いでいる運転手もいる」、と話しています。

このシステムは、まずリマで始まったが、リマ市内にはすでに、17の天然ガス・スタンドがあるようです。

なお、現在では、"Mi Taxi"で、日産、フィアット、フォルクスワーゲンの車も選ぶことができるようになりました。

FC2ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ペルーだったかは覚えてないけど、タクシーを借りて営業する話は聞いた事があります。
32万円近くの頭金、大変そうだけど、それさえ用意できればとてもいいシステムですよね。

こちらのサイトでは、真面目に(変な言い方でごめんなさい)ペルーを応援されているんですね。
私もスペイン語の勉強を始めて、チレーニャ2人とエクアトリアーナ(今の先生_)と知り合い、南米がとっても近くなりました。
2008/06/11(水) 22:25 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
愛されている妻さんへ
ペルーで32万円と言えば、10ヶ月~1年分位の給料なので、かなりの大金です。
おそらく、家族や親戚からお金を借りて、それを頭金にする人が多いはず…。

経済に敏感なのは、日本よりペルーの方だと思います。小麦粉が値上がりしたら、じゃがいもで作るパンを考案するし、ガソリンが高騰したら、天然ガスで走る車が出てくるし…。

もしよかったら、私のもう一つのブログで、ジャガイモのパン「パパパン」の所を読んでみてくださいね。

こちらのブログでは、ペルーのニュース、そしてもう一つのブログでは、日常生活について書くようにしています。

「ペルー人女性と結婚したら…」
www.plaza.rakuten.co.jp/eagle2007/
2008/06/12(木) 19:23 | URL | ☆イーグル☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://americalatina.blog95.fc2.com/tb.php/19-3a4784fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。