ペルー、スペイン語、そして私… ペルーの銀行の金利って…
ペルー人女性と国際結婚した☆イーグル☆が、女房の故郷・ペルー、母国語でもあるスペイン語、そして中南米についての話題をお伝えするブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本より、ペルーのほうが優れていることの一つに、銀行の金利の違いがあります。まずは、先日見つけた広告を見てみましょう。


BANCO CONTINENTAL



これは、Banco Continental(コンチネンタル銀行)の広告です。上の方には、「3ヶ月ごとに、利率がアップします」と書かれています。

さて、どのくらいだと思いますか?

字が小さくて、よく見えないでしょうが、下のほうに率が書かれています。

Banco Continentalに定期貯金をすると、次のような金利になります。


3ヶ月……4.2%
6ヶ月……5%
9ヶ月……5.2%
1年………7%


この数字を見て、「なぁ~んだ」と思われる方がいるかもしれません。しかし、この数字って私達日本人にとって、羨ましい数字なんです。

ちなみに、日本の某都市銀行の定期預金の金利を見てみましょう。「スーパー定期300万円未満」ですが…


3ヶ月……0.25%
6ヶ月……0.27%
1年………0.35%


どうでしょう?ペルーの銀行の方が、かなり金利がいいですよね!数字が高いのは、この銀行だけではありません。ペルーの銀行は、日本のどの銀行よりも金利が高いのです。


FC2ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
インフレ?!
夫に、“スゴいねぇ!”と、この話をしたら、
“ Probably, the inflation is higher."
と、言われました。
そうかも。と思いましたが???

私はポルトガルで”50%”とうたってるのを見たことがあります。
お家を買おうとする人のための貯蓄だったらしいけど。
ユーロ以前、やはりインフレで通貨価値がどんどん変わって行った頃だったと思います。
それにしても、日本の利率は低過ぎます。
そして、外国の銀行に預けるのは、為替相場もあって、難しいですよね。
2008/07/23(水) 22:08 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
愛されている妻さんへ
在ペルー日本大使館のHPによると、
2007年2月~2008年1月におけるペルーの
インフレ率は、4.15%とのことです。

ペルーはラテンアメリカ諸国の中では、
インフレ率の低い国みたいです。
2007年ですが、一番低いのは、エクアドルの2.7%、
反対に一番高いのは、ベネズエラの20.5%。

世界に目を向けたら、インフレ率がもっと凄い国があります。
アフリカにあるジンバブエですが、今年に入り約220万%で、
7月21日には、新1000億ドル札が発行されたそうです。
2008/07/25(金) 22:39 | URL | ☆イーグル☆ #-[ 編集]
エクアドルが話にでたので
私の先生は、エクアトリアーナです。
“靴を履いてない子もいる”と、母国の現状に心を痛め、帰るたびに、持てるだけ持って帰り、向こうでもお金を使っているようです。
それでも、前は1万円あれば両手いっぱい大きな袋を買えたのに、今は片手に小さな袋しか買えなくなったと言ってました。
外国人のための生活相談、医療相談、命の電話、彼女のやってる事、彼女自身、私は尊敬してしまいます。
インフレ率がいちばん低いと、エクアドルがでてきたので書いてしまいました。
世界に目を向けると、目を背けたくなるような国が多過ぎますe-263
2008/07/25(金) 23:03 | URL | 愛されている妻 #mQop/nM.[ 編集]
愛されている妻さんへ
ペルーでも、日本同様、生活必需品が値上がりしています。
そして、親を助けるために、働いている子供もいるし…。

日本はいろんな国に多額の金銭的援助をしていますが、
こういった人達のために、役立っていないのが残念です。
2008/07/26(土) 23:53 | URL | ☆イーグル☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://americalatina.blog95.fc2.com/tb.php/36-6aba545d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。