ペルー、スペイン語、そして私… カカオ豆の栽培
ペルー人女性と国際結婚した☆イーグル☆が、女房の故郷・ペルー、母国語でもあるスペイン語、そして中南米についての話題をお伝えするブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーでは、海外での需要が増えてきたため、昨年はカカオ豆を栽培するエリアが、20%も広がりました。


カカオ

San Martinにあるカカオ畑


ペルーにある農産物の卸売業者"Romero Trading"によると、オーガニック・カカオ豆の需要が高く、販売価格も高めに設定されているとのこと。

同社の関係者は、「オーガニック・カカオ豆を1キロ当たり7.2ソル(約260円)、従来のカカオ豆を6.2ソル(約223円)で買っています。カカオ豆の栽培は増えてきていますが、ペルーのジャングル地域での栽培を、もっと勧めていくことが大切です。」と語っています。

カカオ豆の生産は、アフリカと中南米が有名ですが、中南米での生産量を国別にランク付けしてみると……


1位 ブラジル
2位 エクアドル
3位 コロンビア
4位 メキシコ
5位 ペルー


となっています。

そして、1人当たりのチョコレート年間消費量(2004年)も、ついでに紹介しておきます。


1位 ドイツ(11.1キロ)
2位 スイス(10.8キロ)
3位 オーストリア(10.1キロ)
4位 ベルギー(9.5キロ)
5位 イギリス(9.4キロ)



・  日本(2.2キロ)


肝心の日本ですが、わずか2.2キロだそうです。☆イーグル☆はチョコレートが大好きで、よく食べていますが、それでも2.2キロもお腹の中に入っているのかは疑問です。


FC2ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そんなに!!!
私も2.2kgも食べてないと思いますが。
ヨーロッパでは、チョコレート飲料(これが人気)やアイスクリームなどにかけるシロップなどでも消費してるし、コーヒーを注文するとビスケットやチョコレートが付いてきて、ちょこちょこと(ダジャレみたいっ!)食べてると思います。
カカオ豆はガーナだと思ってました(笑)
南米でも栽培が盛んなんですね。
それにしても、年間10kgとはv-11
2008/08/13(水) 00:08 | URL | 愛されている妻 #-[ 編集]
愛されている妻さんへ
ヨーロッパ諸国の人は、かなりの量の
チョコレートを食べるみたいですね~。

カカオ豆の生産量世界一は、ガーナではなく
、同じアフリカのコートジボアールです。

シェアは、何と40%になるそうです。
2008/08/13(水) 23:56 | URL | ☆イーグル☆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://americalatina.blog95.fc2.com/tb.php/48-e871aefa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。